このサイトでは、お使いのブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

英国の職人技に対する信頼: 1,000 件以上のレビュー、星 4.9/5.0 つ

クラーナはチェックアウト時にご利用いただけます。 さらに詳しく

サインアップして限定オファーに早期アクセスしてください。 入力してくださいここ

ブログ

Brand Ambassador Aidan Bernal: A Review of the Conway Stewart Series 58 Fountain Pen

ブランドアンバサダー エイダン・ベルナル: コンウェイ・スチュワート シリーズ 58 万年筆のレビュー

コンウェイ・スチュワート シリーズ 58 万年筆の最近のレビューで、高級筆記具の世界を掘り下げてみましょう。ブランドアンバサダーのエイダンが数か月にわたる毎日の使用から得た洞察を共有し、ヴィンテージ エレガンスの独特の魅力を体験してください。 1905 年に遡る豊かな歴史から、モダンなデザインと優れた職人技に至るまで、シリーズ 58 は伝統と現代の使いやすさを融合した筆記体験を提供します。このペンがコレクションに加わるに値する理由を発見し、Conway Stewart の Web サイトでカスタマイズ オプションを探索してください。コンウェイ・スチュワート シリーズ 58 万年筆で書く喜びを再発見してみませんか。

続きを読む
The Invention of the Conway Stewart Duro Pen in the 1920s

1920年代のコンウェイ・スチュワート・デュロ・ペンの発明

めくるめく革新とスタイルの時代、狂騒の 20 年代に戻り、象徴的なコンウェイ スチュワート デュロ ペンの背後にあるストーリーを発見してください。このブログ投稿では、手書きの世界に革命をもたらした優雅さと機能性の特徴である Duro ペンの誕生を旅します。そのデザインの背後にある優れた頭脳、それを際立たせる複雑なディテール、そしてそれが 1920 年代の豪華な美学をどのように反映したかについて学びましょう。デュロ ペンが単なる筆記具ではなく、どのようにして歴史の中で最も活気に満ちた時代のエッセンスを捉え、ステータスと洗練の象徴となったのかを探ってください。筆記具のクラフトマンシップとエレガンスの時代を超越したアイコンであるデュロ ペンの不朽の遺産を讃えませんか。

続きを読む
Exploring Conway Stewart’s Unique Stub Nib Option

コンウェイ・スチュワートのユニークなスタブニブオプションを探る

コンウェイ・スチュワートのスタブ ペン先の変革力を発見してください。これは、あなたの筆記スタイルに大きな影響を与える小さな変化です。通常のペン先とは異なり、スタブ ペン先は平らで幅広のペン先を備えており、スタイリッシュでエレガントなストロークを実現し、日常的に簡単にカリグラフィーを模倣できます。標準的なペンの使い心地を損なうことなく、さまざまな線幅を提供し、文字の個性を重視する人に最適です。コンウェイ・スチュワートの有名な職人技を活用して、魅力と実用性を組み合わせたユニークな筆記体験を実現してください。ペン愛好家にもカジュアルなライターにも最適なスタブ ペン先は、各単語を優雅さと個性で際立たせる鍵となります。

続きを読む
The Legacy of Conway Stewart’s Vintage Advertising: A Retrospective

コンウェイ・スチュワートのヴィンテージ広告の遺産: 回顧展

高級筆記具の世界における英国の職人技とエレガンスの代名詞であるコンウェイ・スチュワートの豊かな歴史を掘り下げてみましょう。このブログ投稿では、コンウェイ スチュワートの尊敬されるイメージを形作った物語とキャンペーンを探求しながら、ブランドのヴィンテージ広告を巡る魅惑的な旅へとあなたを導きます。戦後の英国の初期からミッド センチュリー スタイルの全盛期に至るまで、コンウェイ スチュワートの広告が社会の変化を反映しただけでなく、ブランドの不朽の遺産の形成にどのように役立ったかをご覧ください。コンウェイ・スチュワートを定義し続ける時代を超越したエレガンスと名高い伝統を祝いませんか。

続きを読む
What’s the difference between a extra fine, fine, medium or broad nib – and which one will suit me best?

余分な罰金、罰金、中規模、または広いニブの違いは何ですか - 誰が私に最も適していますか?

Conway Stewart 万年筆と有名な 18 カラット ゴールドのペン先の滑らかな書き心地の秘密を発見してください。コンウェイ スチュワートは、高品質のペンの製造における 100 年以上の専門知識により、極細、細字、中字、太字の 4 つの主要なペン先の選択肢を提供しています。ペン先の選択は、あなたの書き方、ペンの持ち方、および性格に一致する必要があります。この記事では、万年筆の持ち方、適切なペンの選択、ペン先のカスタマイズに関する役立つヒントも提供しています。

続きを読む
The Science Behind Writing with a Fountain Pen: A Focus on Conway Stewart Models conwaystewart.com

噴水ペンで書く科学:コンウェイスチュワートモデルに焦点を当てる

コンウェイスチュワートモデルに焦点を当て、噴水ペンで書く背後にある科学を発見してください。 これらのエレガントなペンの人間工学がどのように改善されたペンマンシップ、減らされた手株、そして時間のテストを際立たせるパーソナライズされたライティング体験の喜びにつながるかを学びます。.

続きを読む
Rediscovering the Art of Handwritten Letters with Conway Stewart Pens conwaystewart.com

手書きの文字の芸術をConway Stewart Pensで再発見

手書き文字の感情的な値とConway Stewart pensがどのようにこの個人的なコミュニケーションの形態を高めることができるかを発見してください。 このブログでは、完璧なインクを選択し、理想的なペンを選択し、受信者のための宝箱を作成するために適切な用紙を見つけること、ハートフェルトの手紙を作成するヒントを提供しています。.

続きを読む
Proper Pen Holding Technique: A Guide to Writing with a Conway Stewart Fountain Pen conwaystewart.com

適切なペンの持ち方: Conway Stewart 万年筆で書くためのガイド

万年筆は時代を超越した筆記具であり、従来のボールペンやローラーボール ペンとは異なる独特の書き心地を提供します。万年筆を使用する上で最も重要なことの 1 つは、適切に保持することです。これは、書き心地に大きな影響を与える可能性があります。このガイドでは、Conway Stewart 万年筆を正しく保持するためのヒントとテクニックを提供し、この古典的な筆記具を最大限に活用できるようにします。 ペンを直角に持つ 万年筆を持つ上で最も重要なことは、ペンが紙に対して正しい角度にあることを確認することです。ペンを持つ角度が急すぎると、インクの流れが速すぎて、にじみやにじみの原因となります。逆に、ペンの角度が浅すぎると、インクがスムーズに流れず、書きにくくなります。万年筆を持つ理想的な角度は、紙に対して約 45 度で、インクがスムーズに均一に流れます。 ペンを軽く握る 万年筆を持つもう1つの重要な側面は、軽く握ることです。これにより、ペンがより自由に動くようになり、書きやすくなり、手のけいれんや不快感を防ぐのに役立ちます。ペンが滑らないようにしっかりと保持することが重要ですが、動きが制限されるほど強く握らないでください。 正しいバランスを見つける 適切なペンの持ち方の鍵は、ペンを正しい角度で持つことと軽く握ることの間の適切なバランスを見つけることです。少し練習すれば、ペンの角度とグリップを自分の書き方に合わせて調整できることがわかり、スムーズで快適で効率的な書き心地を実現できます。 右ペンを選ぶ もちろん、ペン自体も書き心地において重要な役割を果たします。 Conway Stewart 万年筆は、さまざまなペン先のサイズ、インクの色、ユニークなデザインなど、幅広い機能を備えたクラシックな筆記具です。自分の書き方や好みに合ったコンウェイ スチュワート ペンを選ぶことで、本当に素晴らしい書き心地を楽しむことができます。 結論 結論として、適切なペンの持ち方は、万年筆を使用する上で重要な側面であり、全体的な書き心地に大きな影響を与える可能性があります.このガイドで概説されているヒントとテクニックに従うことで、コンウェイ スチュワート万年筆を日常の筆記に使用する場合でも、より専門的な目的に使用する場合でも、最大限に活用することができます。それでは、これらのヒントを今日実践して、適切なペンの持ち方があなたのライティング体験にもたらす違いを自分の目で確かめてみませんか!

続きを読む
The Benefits of Journaling with a Conway Stewart Fountain Pen conwaystewart.com

Conway Stewart 万年筆でジャーナリングを行う利点

ジャーナリングは、自分の考えや感情を振り返り、創造性を探求し、自分自身をより深く理解するための強力な方法です。ただし、Conway Stewart 万年筆などの高品質の筆記具を使用すると、ジャーナリングの経験が大幅に向上します。このブログでは、Conway Stewart 万年筆を使ってジャーナリングを行うことの利点と、ジャーナリングの実践を向上させる方法について説明します。 高められた執筆経験: 万年筆を使用すると、書く行為がより楽しくなり、ジャーナリングのプロセスに完全に没頭することができます。万年筆からの滑らかで一貫したインクフローにより、中断や気を散らすことなく書くことに集中でき、紙に自分の考えや感情を簡単に表現できます。 Conway Stewart 万年筆のユニークな書き心地は、創造性を高め、さまざまな書き方やテクニックを試してみることを奨励します。 手書きの改善 執筆: 万年筆は、ボールペンやローラーボールペンとは異なるテクニックが必要です。万年筆で書くのに必要な圧力ははるかに軽いため、時間が経つにつれて手書きを改善するのに役立ちます.コンウェイ・スチュワートの万年筆をジャーナルに使用することで、手書きがより読みやすく、一貫性があり、美的に満足できるものになることに気付くかもしれません.これにより、日誌エントリが視覚的に魅力的になり、読みやすくなります。 パーソナライズされたライティング体験: コンウェイ スチュワートの万年筆には、さまざまなデザイン、色、ペン先のサイズがあり、個人のスタイルや好みを反映したペンを選ぶことができます。お気に入りの万年筆を選ぶことで、書き心地をパーソナライズし、ジャーナルとのつながりをより有意義なものにすることができます。ジャーナリングの行為はあなたが楽しみにしている儀式になり、万年筆はあなたの執筆ルーチンの大切な部分になる可能性があります. 記憶の保存: ジャーナリングは、記憶、思考、感情を将来のために保存するための強力な方法です。 Conway Stewart 万年筆を使用することで、日記に優雅さと時代を超越した雰囲気を加えることができます。これらの筆記具の高品質の素材と職人技は、今後何年にもわたって使用できることを保証し、将来再訪できる思い出や経験を記録するための完璧なツールになります. ウェルビーイングの改善: ジャーナリングは、メンタルヘルスと幸福に多くのプラスの効果をもたらす可能性があり、Conway Stewart 万年筆を使用すると、これらの利点をさらに高めることができます.ジャーナリングの行為は心を落ち着かせ、瞑想的にすることができ、ストレスや不安を軽減するのに役立ちます.万年筆の滑らかで楽な書き心地は、リラックスと集中力を促進し、自分の考えや感情に完全に取り組むことを可能にします。 結論として、Conway Stewart 万年筆をジャーナルに使用すると、書き心地が大幅に向上し、手書きが改善され、日記のエントリがパーソナライズされます。さらに、万年筆を使用すると、思い出や経験を保存し、メンタルヘルスと幸福を向上させることができます.次のジャーナリング セッションで Conway...

続きを読む
What Does it Mean to be a Collector of Conway Stewart Fountain Pens? - Conway Stewart

コンウェイ・スチュワート万年筆のコレクターであるとはどういう意味ですか?

このブログ投稿では、1905 年以来高品質の万年筆を製造している英国のブランド、コンウェイ スチュワート万年筆の収集技術を探ります。この投稿では、王室が使用してきたコンウェイ スチュワート万年筆の歴史と遺産について掘り下げます。 、政治家、影響力のある人物。コレクターにとって、コンウェイ スチュワートの万年筆を所有することは、単なる筆記具ではありません。ブランドの遺産と伝統を表す歴史の一部です。この投稿では、高品質の職人技、懐かしさ、投資の可能性、コミュニティの構築など、コンウェイ スチュワートの万年筆を収集する利点を強調しています。 Conway Stewart ペンを所有することは、個人のスタイルと好みを真に反映したものであり、書くことに真に情熱を傾けている人にとって、Conway Stewart ペンは必需品です。

続きを読む
The Conway Stewart Duro Collection: A Timeless Classic conwaystewart.com

コンウェイ スチュワート デュロ コレクション: 不朽の名作

Conway Stewart は、1905 年の創業以来、優​​れた職人技で高品質の筆記具を製造している一流の万年筆メーカーです。その最も切望されているコレクションの 1 つは、 デュロコレクション、1920 年代に初めて導入されました。このコレクションは、耐久性と堅牢なデザインで有名で、毎日の使用に最適です。このコレクションの万年筆は、ブランドの細部へのこだわりを示す複雑な彫刻が施された、無垢の真鍮とセルロイドから作られています。Duro コレクションの名前はラテン語の「duro」に由来します。これは「硬い」または「耐久性」を意味し、ペンの構造の証です。このデザインは、クラシックなスタイルとエレガントな外観と相まって、Duro コレクションを手紙を書いたり、日記を書いたり、メモを取ったりするのに最適です。Duro コレクションの人気の理由の 1 つは、その汎用性です。コレクターには、さまざまな色や仕上げからさまざまなペン先サイズまで、幅広いオプションがあり、ニーズや個人的なスタイルに完全に適合するペンを簡単に見つけることができます.1920 年代初頭、フレデリック ビナとフランシス バリーはコンウェイ スチュワートの鉛筆を改良し、その改良を、その期間に導入されたデュロポイント鉛筆の新しい変種に取り入れました。 1924 年の秋までに、Duro ペンが導入され、すぐに人気のある選択肢になりました。 1925 年 5 月、コンウェイ スチュワートが特許を取得した新しいロッキング レバー装置をデュロに搭載できるようになりました。これは原理的にはウォーターマンのボックス レバー機構に似ています。1926 年の初めに、デュロ ペンの小さいバージョンであるデュロ No...

続きを読む
John Ruskin and the Ashmolean Museum conwaystewart.com

ジョン・ラスキンとアシュモレアン博物館

世界で最も古い博物館の 1 つであるアシュモレアン博物館の魅力的な世界を探索してください。美術品や歴史的遺物の広範かつ多様なコレクションが自慢です。ビクトリア朝時代の美術評論家で作家のジョン ラスキンは、博物館と密接な関係があり、ラスキンとアシュモレアン博物館の両方の価値観と精神を反映したコンウェイ スチュワート ペンのデザインにどのように影響を与えたかを学びましょう。アシュモリアン ペンの職人技と時代を超えた魅力に飛び込みましょう。芸術愛好家、コレクター、そして書く芸術を大切にする人にとって完璧な筆記具です。

続きを読む
Small But Mighty: The Legacy of the Dinkie Pen conwaystewart.com

小さくても強い:ディンキーペンの遺産

小さなペンには、バレルとキャップが縮小された通常サイズのペン先を持つものから、Waterman No. 000 (コレクターによって世界最小のペンとして知られている、または「ドールペン」)。しかし、あらゆる点で最もバランスの取れたコンウェイ スチュワート ディンキー ペンが最も成功しています。

続きを読む
The Perfect Fountain Pen Gift Set conwaystewart.com

完璧な万年筆ギフトセット

クリスマスの時期がまた近づいてきました。大切な人に今年も大切な贈り物を贈るのに最適な時期はありますか? 英国で手作りされた高級万年筆は、一生の楽しみを提供します。時代を超越した美しいデザインと高品質の機能性を備えたコンウェイ スチュワートの万年筆で書くことは、簡単で楽しいものです。 熱心な噴水コレクターの方にも、コンウェイ スチュワート コレクションの初心者の方にも、どなたにも合うギフトをご用意しています。パーソナライズされたペンからきらめくクリスマス インク セットまで、万年筆ギフト セットのトップ ピックをいくつかご紹介します。 クリスマスペン 今年のクリスマスは、限定版のクリスマス ペンで自分へのご褒美にいかがですか。 コンウェイ・スチュワートチャーチル・エバーグリーン.愛する人へのクリスマス カードの作成や、友人や家族へのギフトに最適です。の コンウェイ・スチュワートチャーチル・エバーグリーン 見れば見るほど深まる美しいグリーン。モミの木、スプルース、ノーブル グリーン、クリスマスのすべての色。わずかに半透明であるため、色の深みがあり、その品質と伝統を証明するために英国のホールマークが刻印された 9 ct ゴールドのキャップ リングが引き立てられています。 店 クリスマスペン パーソナライズされたペン パーソナライズされたペンでクリスマスを祝うより良い方法はありますか?高級万年筆、ボールペン、ローラーボール ペン、さらにはシャープペンシルの全範囲で彫刻を提供しています。最も人気のあるバレル彫刻やキャップバンド彫刻のオプションなど、さまざまな彫刻オプションがあります。どちらもコンウェイ スチュワート ペンにエレガントな仕上がりをもたらし、今年のクリスマスを思い出すギフトになること間違いなしの理想的なパーソナライズされたペンを作成します。 ペンを購入する クリスマスシマーインク このクリスマスのストッキングにお祝いの輝きを加えましょう。...

続きを読む
What’s my Conway Stewart fountain pen made of? conwaystewart.com

コンウェイ・スチュワートの万年筆は何からできていますか?

コンウェイ・スチュワートの万年筆は、これまでに作られた最高の万年筆の一部であると長い間考えられてきました。 1905年の創業から現在まで、科学技術は目覚ましい変化を遂げてきましたので、ペンの歴史に興味のある方には、ペンに使われてきた素材の変遷を読む価値があると考えました。その間、コンウェイ・スチュワートの高級万年筆を作っていました。  硬質ゴム、カゼイン、セルロイド、射出成形プラスチックからの万年筆の開発と導入、最新のキャスト アクリル素材の最新情報について読むことができます。 硬質ゴムまたはエボナイト ルイス ウォーターマンが 1884 年に米国で最初の万年筆を作成したことは、長い間受け入れられてきました。これにより、作家はインクの供給源とインクを紙に転写するペン先を 1 つの機器で使用できるようになりました。 しかし、ウォーターマンの発明は、別のアメリカ人であり、自動車技術のパイオニアの 1 人であるチャールズ グッドイヤーのおかげでもあります。グッドイヤーは、1839 年に、ゴムと硫黄を一緒に加熱することにより、「硬質ゴム」またはエボナイトとして知られるようになった非常に耐久性のある化合物を作ることができることを発見しました。 .その後、彼は自分の発見を応用して自動車業界向けのグッドイヤー タイヤを作成しましたが、最初はさまざまな方法で使用されていました。 たとえば、ペンを作るのに非常に適した素材であることがわかりました。それまでの筆記具は葦や羽ペンをインクに浸して作っていました。浸漬ペンも、鋼を含むさまざまな金属で作られていましたが、紙へのインクの流れを調整することは常に問題でした。 1884 年までに、ペンの人気が高まったので、ルイス ウォーターマンが最初の万年筆を作成したとき、彼はペンの本体に硬質ゴムを使用し、毛細管現象によって硬質ゴム管のリザーバーから万年筆にインクがスムーズに引き出されました。ニブしてから紙に。 コンウェイ・スチュワートが 1905 年にロンドンで最初に設立されたとき、硬質ゴム製の万年筆はアメリカとヨーロッパの両方で広く使用されていました。 フランク・ジャービスとトミー・ガーナーConway Stewart の 2 人の創設者は、急速に成長するペン業界での経験があり、当初はアメリカからペンを輸入したり、他の英国のペン...

続きを読む
A celebration of Seamus Heaney conwaystewart.com

シェイマス・ヒーニーのお祝い

シェイマス・ヒーニーは、1939年4月13日に北アイルランドのロンドンデリー州で生まれました。彼はアイルランドの詩人、劇作家、翻訳家、講師でした。 1989 年から 1994 年までオックスフォード大学の詩学の教授を務め、1995 年のノーベル文学賞を含む数々の賞を受賞しました。 アメリカの詩人ロバート・ローウェルは彼を「イェイツ以来最も重要なアイルランド詩人」と評し、学者のジョン・サザーランドを含む多くの人が彼を「我々の時代で最も偉大な詩人」であると述べている。 2013年8月30日に彼の死去に際し、イギリスの新聞インディペンデントは彼を「おそらく世界で最も有名な詩人」と評した。 2010 年に出版された彼の 12 番目で最後の詩集「Human Chain」には、コンウェイ スチュワートの万年筆に描かれた詩が含まれています。この詩は、詩人がデリーのセント コロンブス大学で中等教育を受けるために家を出る前日に、両親からペンを贈られたことを描写しています。ヒーニーがペンを手にした最初の公式任務は、家に手紙を書くことだ。 シェイマス・ヒーニーは、イギリスが耐えてきた干ばつ(2022年8月)からの解放を讃えてイギリスのマスコミが彼の詩「ブラックベリー狩り」を引用し、今日も相変わらず話題となっている…雲が暗くなり、雨が降り始めたときまた。 私たちは、 コンウェイ・スチュワート シリーズ 58 シェイマス・ヒーニー レバーフィル、キャップの 3 本のゴールド バンドを備えた、「コンウェイ スチュワート」の詩で描写されているものに限りなく近いもので、真の信頼性を実現するために「ミディアム 14 カラット ペン先」を選択することもできます。  各ペンの軸にはコンウェイ・スチュワートのロゴ、「The...

続きを読む